「上ル」「下ル」「東入ル」「西入ル」京都の住所の不思議

京都では住所を説明する際、非常に特殊な表現をします。初めて耳にする人にとっては、何とも不思議な表現で、戸惑うことがあるかもしれません。というのも、住所の中に「北へ上がる、南へ下がる、東入る(いる)、西入る(いる)」といった表現が含まれているからです。「上がる」とは、決してどこか高いところへ上ることではありません。「下がる」というのも階段を下りるようなことではなく、「入る」も何処かに入るといったことではありません。

これは、京都における東西南北の方向感覚を認知することで、すぐに理解することができます。具体的には、「北へ上がる」とは「北へ行く」ということ、「南へ下がる」とは「南へ行く」ということ、「東入る」は「東へ行く」こと、「西入る」は「西へ行く」ことを指しています。こういった表現は、古都京都で古来から使われていた言い回しとして、今も尚、根強く残っているものなのです。ただし、こういった表現は京都の中心部でのみ使用されているのであって、その地域を除いた日本人が耳にしても意味が通らず、間違いではないかと再度確かめてしまう程です。また同じ京都内であっても、中心部から少し離れると、「北」に「上がる」とはいいません。もしあなたが、京都を訪れることがあり住所を探したいときには、まず頭の中で、その方向に関する表現をはっきりと把握してから、道を尋ねて下さい。きっとすぐに、目的地へ辿り着くことが出来るでしょう。

「上ル」「下ル」「東入ル」「西入ル」京都の住所の不思議

京都の住所表記には二種類がある

京都の住所表記には二種類があることを知っていましたか?

日本の住所表記と住所コード

長い住所表記も、住所コードによって簡単に検索出来ます。

上ル、下ル等の表現は、京都特有の住所の示し方です。

京都の住所表記には二種類がある
京都府庁の住所でさえ、「京都式」で表す
京都の「通り名」
碁盤の目のような作りの京都に伝わる童歌
読み方は「あがる」「さがる」「ひがしいる」「にしいる」
京都に今も尚残る屋号の表記とは?
京都の複雑な町名が持つ意味と読み方
位置は違うが全く同じ町名が存在する
日本の住所表記と住所コード
同じ碁盤の目のようなつくりである札幌市の住所表記
世界的にはどう表記されるのか
石川県では、「イ・ロ・ハ…」「子・丑・寅…」「維・新・以・来…」等も
日本の住所は「丁目」か「丁」か、「番地」か「番」か
全国地方公共団体コードとは?
ISO3166とは?
カスタマバーコードとは?
「上ル」「下ル」「東入ル」「西入ル」京都の住所の不思議京都の住所表記には二種類がある日本の住所表記と住所コードサイトマップ